YouTube動画投稿者の1日ルーティン

YouTube動画投稿者の1日ルーティン

自慢みたいに聞こえてしまうかもしれないので、敢えて前ページでは紹介しませんでしたが、僕の1日のルーティンを紹介したいと思います。

皆さんが将来的にどのような生活が送れるようになるのか、是非参考にしてみてください。

また、1つご理解いただきたい点がありまして、僕がここまで自由に生活できているのは、僕の能力が優れていたり、努力したとかの話ではありません。

YouTubeアカデミーで培った、ノウハウが本当に価値あるものだったからなのです!

公式HPへ!
無料講座を受講してみる☆

午前中にやるべきこと

朝起きる時間は、基本的に決まっていませんが、大体10時前後ぐらいでしょうか。

夜更かしすることが多いので、起きる時間も遅くなりがちですが、この点についての個人差は大きいと思います。

そして起床後、スマホを適当にいじりつつ、登録しているチャンネルの巡回を始めます。

もともとYouTubeを見るのが大好きだったので、気づけば数時間ぐらいベッドで動画をみ続けていますが、これも仕事の1つといって良いでしょう。

最近は、どのようなジャンルが人気を集めているのか、自分にも作れそうか、どれくらい規模の成長が見込めるのか、そんなことを考えつつ動画を堪能しています。

ただ午前中においては、絶対にやるべき作業というわけでもないので、普通にアニメやゲームをしながら時間を潰すこともありますね。

午後にやるべきこと

昼食も食べ終わって、まったりくつろいでいたら、いつの間にか夕方になっているのはあるあるです。

そこからようやく重い腰を上げて、1日の中で最もYouTuberらしい仕事に取り掛かります。

次回投稿する予定の動画を作り込んだり、また作業を外注しているスタッフさんとの連絡が主な仕事と言えるでしょうか。

とはいっても、頭を抱えるような難しい仕事ではなく、基本的には趣味の延長にあるジャンルなので、自分としても楽しんで取り組めていると思います。

作業時間としては、大体4〜6時間ぐらいで集中力が切れるので、あとは気分次第って感じですね。

ジムに行ったり、部屋の掃除したり、外食に行ったり、独り身なので暇を潰すのには苦労しています(笑)

夜にやるべきこと

夜ご飯を食べた後は、自分があまり興味ないジャンルを中心に動画の巡回をしています。

YouTube市場はまだまだ金脈が眠っており、一発当てるだけでも再生数百万単位で取れる穴場がたくさんあります。

そのため、知らないことを少しでもなくすために、色々なジャンルの動画を見るようにしているというわけですね。

これは僕が勉強熱心だからという話でもなく、単純に好きだからできていることであり、全く苦に感じないんですよ。

寝落ちするまで動画見てるか、ゲームするか、何もしないでダラダラするか、こんな感じで、1日の大半は自分の好きなことをして過ごしています!

YouTuber専門学校は大人気

さて、ここまでの生活をみて、皆さんはいかが感じたでしょうか。

我ながら理想的なライフスタイルだと思います。

認知度も高まっているので、YouTuberになりたい人が増えているというのも、当然のことと言えるでしょう。

先日ネットニュースで報じられていましたが、YouTuber向けの専門学校が開校し、定員100名の枠に対し200名以上の応募があったそうです。

子供たちのなりたい職業ランキングにおいて、毎年YouTuberは上位常連なので、そのニーズをねらったビジネスです。

ただ、同世代の人たちが大学や手に職をつけるために専門学校に通うことを考えてみると、同じ専門学校でもYouTube1つに賭けるのは、結構リスキーだと思いますよ。

だから僕としては、副業からでも実践しつつ学ぶことをおすすめします。

少し話は変わりますが、著名人であるホリエモンこと堀江貴文氏が、近畿大学のスピーチにて「これからは一億総発信する時代になる」と述べたことをご存知でしょうか。

これは当時2015年の話であり、あれから7年後の現在、SNS・ブログ・動画など、個人の情報発信は爆増し、まだまだ過渡期ではありますが、本当にその言葉通りとなりました。

そして、この時代の流れが、動画投稿者あるいは配信者の活動を後押しすることは必然です。

5G回線も普及して、いつでもどこでも遅延なく動画が見れるようになるため、個人が一定の影響力を持つためにYouTubeチャンネルを開設するのが主流となるでしょう。

これから加速していく一億総発信の時代に向けて、皆さんも1つ、YouTubeアカデミーの受講を検討してみてはいかがでしょうか。

動画投稿がリスキーなのではなく、行動しないことがもっともリスキーであることを覚えておいてください。

公式HPへ!
無料講座を受講してみる☆
TOPページを見る